甘くて柔らかとろりん生キャラメル

category01

普通のキャラメルより柔らかくて濃厚な生キャラメル。コクのある風味が人気となり、一時は品薄になったほど大人気のお菓子ですが、いつ頃から食べられるようになったのかご存知ですか?実は、生キャラメルとほぼ同じ「クルフカ」というお菓子がヨーロッパではずっと昔から愛されていたんです。


クルフカは1921年にポーランドで生まれたキャンディで「小さい牛さん」という意味なんだそうです。

口コミ評判の高い日本経済新聞に関する疑問が解決できます。

日本では、2006年に北海道のノースプレインファームという乳業メーカーが牛乳の消費量を増やそうと開発しました。

アルガンオイル情報サイトをご利用下さい。

材料の生クリームや砂糖、蜂蜜なども地元で獲れるものに拘って作り、地元内の地域限定で売りだしたところ大人気となったのだとか。



そして、そのレシピをもとに花畑牧場が生キャラメルを製造販売し、全国に広まるところとなり、その人気を受けて色々なメーカーやお菓子屋さんも生キャラメルを販売するようになったのです。
実はこの生キャラメル、普通に家にある物で意外と簡単に作れてしまうのです。

牛乳150cc・バター20グラム・砂糖50グラムをフライパン(テフロン加工の物だと更に簡単です)に入れて火にかけ、焦げないようにかき混ぜながら煮詰めていきます。
煮詰め過ぎると普通のキャラメルになってしまうので、少しもったりしてきたら、クッキングシートか、なければ油を薄く塗ったバットやお皿に流して冷やし、固まったら切り分けて出来上がりです。


抹茶の粉やインスタントコーヒー、蜂蜜、ココアパウダーなどを加えて好みのフレーバーにアレンジするのも楽しいですよね。
いろんな味で作って、おやつやおもてなしにしてみてはいかがでしょうか。


おすすめ情報

category02

モロッコにのみ生育する、生命の木とも呼ばれるアルガンという木があります。絶滅の危機が訪れたこともある木です。...

subpage

学ぼう生活の事

category02

モロッコの南西部に自生するアルガンツリーの実から抽出して作られるアルガンオイルは最近では女性の美と健康をサポートするとして非常に人気となっています。アルガンオイルにはオリーブオイルの約3倍ともいわれる豊富なビタミンEであるY-トコフェロールが含まれています。...

subpage

驚く情報

category03

アルガンオイルはモロッコ南西部に生息するアルガンツリーの実の種から採れるオイルです。約30キロの果肉から1リットルしか採れないため、大変貴重で高価です。...

subpage

読めば解る

category04

アルガンの木の果実から少量しか採る事ができない、貴重なアルガンオイル。産地では、古くから食用や外用として使用されていました。...

subpage